Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

「東芝メモリSSDフォーラム2018」の開催について

2018年11月14日
東芝メモリ株式会社

急速に拡大を続けるデータセンターやデジタルトランスフォーメーション市場を支えるSSDの最新市場・技術動向を紹介

当社は11月30日に、急速に拡大を続けるデータセンターやデジタルトランスフォーメーション(DX)市場を支えるSSDの最新市場・技術動向を紹介する「東芝メモリSSDフォーラム2018」を、東京コンファレンスセンター・品川で開催します。

ITインフラの企画・導入・運用に関わる管理者や技術者を対象とした本フォーラムでは、「SCALE」をテーマに、SSDの最新市場・技術動向の他、当社の戦略や最新ラインアップを紹介します。また、MIT Media Lab・石井副所長とさくらインターネット株式会社・田中社長による特別講演や、パートナーを代表して日本マイクロソフト株式会社よりアプリケーションプラットフォーム、Dell EMC(デル株式会社)よりサーバーの最新動向についての講演を行います。

さらに併設の展示会場では、当社SSDの最新ラインアップやその応用製品の展示やデモを行います。また、開発中の新製品やそれらを使ったソリューションの参考展示として、当社Enterprise SSDを用いて脳内細胞顕微鏡画像の8Kスーパーハイビジョン解像度での3次元リアルタイム可視化を行う「脳ニューロン可視化8Kデモ」や、イーサネットに直接接続する新しいコンセプトのSSDの試作機などの展示とデモを行います。

「東芝メモリSSDフォーラム2018」の概要

1. 開催日:

2018年11月30日(金)13:00~17:10
(講演終了後、懇親会を17:30~18:30に行います。)

2. 会場:

東京コンファレンスセンター・品川
(東京都港区港南1-9-36 アレア品川5F/JR品川駅港南口より徒歩2分)

3. 入場方法:

*事前登録制・無料
*対象者:ITインフラ企画・導入・運用に関わる管理者/技術者の方
 ※競合企業、個人、フリーアドレスでの登録などの方はご遠慮いただく場合があります。
*定員:350名
 ※参加申込み多数の場合は抽選となります。
*申し込みページ:
 https://www.sbbit.jp/eventinfo/47783

4. 講演プログラム:
13:00 - 13:20 「~オープニング・挨拶~ 「SCALE TODAY, OWN TOMORROW」」
東芝メモリ株式会社 常務執行役員、SSD事業部長 横塚 賢志
13:20 - 14:10 「未来記憶」
MIT Media Lab 副所長 石井 裕
14:10 - 14:20 休憩
14:20 - 14:50 「Windows Server 2019 でスケールする最新の Datacenter Platform とは」
日本マイクロソフト株式会社 執行役員 コンシューマー & デバイス事業本部 デバイスパートナー営業統括本部長 梅田 成二
14:50 - 15:20 「X86サーバー世界No.1シェアDell EMC PowerEdgeによるビジネス”SCALE”の提案」
Dell EMC 執行役員 インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 製品本部長 
上原 宏
15:20 - 15:50 「~デジタルトランスフォーメーション時代のフラッシュストレージ展望~  アプリケーションの要求に応えるSSD/フラッシュ技術のスケーリング」
東芝メモリ株式会社 SSD応用技術技師長 大島 成夫
15:50 - 16:10 休憩
16:10 - 17:00 「SSDはもはや高速なHDDではない ~進化したSSDの現在とIT現場に与えるインパクト~」
さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕
17:00 - 17:10 「~クロージング~ 「SSD新製品の紹介– SCALEとSPEEDを両立させる製品技術」」
東芝メモリ株式会社 SSD技師長 柳 茂知
17:30 - 18:30 懇親会

*都合により、時間・内容が変更になる場合があります。

5. 各講演や展示の詳細については下記WEBサイトをご覧ください。

https://business.toshiba-memory.com/ja-jp/design-support/exhibition/ssdforum2018.html

*本文に掲載の製品名やサービス名は、それぞれ各社が登録商標または商標として使用している場合があります。

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。