Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir™」用公式アプリのアップデートについて

2018年10月22日
東芝メモリ株式会社

スマホへの自動保存や、ファイルタイプ別のフィルタリング表示など便利な機能を追加

FlashAir™

当社は、無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir™」用の公式アプリのアップデート版として、デジタルカメラで撮影した写真のスマートフォンへの自動保存や、写真・動画・RAWファイルのファイルタイプ別のフィルタリング表示など、ユーザーから要望の多かった機能を追加した「バージョン4.3.0」を公開しました。

今回追加された「写真/動画の自動保存機能」[注1]を使うと、撮影した写真をあらかじめユーザーが設定した条件に従ってスマートフォンに自動で転送して保存することが可能になります。従来の、撮影後に好きな写真だけを選んでからスマートフォンに転送して保存するスタイルと併せて、ユーザーの状況や好みによって保存方法を選ぶことができます。

また、「写真/動画の表示設定」では、アプリ上で写真・動画・RAWのファイルタイプ別に細かくフィルタリング設定を行うことが可能になりました。チェックしたいデータのファイルタイプだけを選んで表示させることで、写真などの閲覧や共有をよりスムーズに行うことができます。

さらにバージョン4.2.0以降の公式アプリでは、iOS端末限定でスマートフォンから「FlashAir™」とモバイル回線との同時接続が可能な「モバイルデータ通信+Wi-Fi同時接続モード」[注1][注2]を使うことができます。この機能を使うと例えば、写真をスマートフォンで表示・編集した後に、通信先を切り替えることなくそのままSNSへのアップロードやメールの送信ができるようになります。

公式アプリは、Android™用はGoogle Play、iOS用はApp Storeからインストールまたはアップデートを行うことができます。

無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir™」用公式アプリのインストール/アップデート用のサイト

[注1]「写真/動画の自動保存機能」と「モバイルデータ通信+Wi-Fi同時接続モード」は「FlashAir™ <W-04>」にのみ使用可能な機能です。<W-04>より前のモデルでは使用できません。

[注2]
・FlashAir™ <W-04>のソフトウェアをバージョン「FW4.00.03」以上に更新する必要があります。ソフトウェア更新ツールは下記よりダウンロードしてください。
https://jp.toshiba-memory.com/support/download/flashair/update/sduwa/update.htm
・あらかじめ「モバイルデータ通信+Wi-Fi同時接続モード」をONにしておく必要があります。

*AndroidおよびGoogle Playは、Google Inc.の商標です。
*App Storeは、Apple Inc.の商標です。
*本文に掲載の製品名やサービス名は、それぞれ各社が登録商標または商標として使用している場合があります。

関連サイト

「FlashAir™」の製品ページ:
https://jp.toshiba-memory.com/product/flashair.htm

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。