Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

「IoT/M2M展 [春]」への出展について

2018年 5月 9日
東芝メモリ株式会社

「SDメモリカードでIoT」をテーマに、既存機器のIoT化や新規IoT製品の開発効率化の提案を展示やデモで紹介

無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir™」

当社は、5月9日から5月11日まで東京ビッグサイトで開催される「IoT/M2M展 [春]」に出展します。「SDメモリカードでIoT」をテーマに、無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir™」と「NFC(近距離無線通信)タッチ&コピー機能付きSDメモリカード」を使った、既存機器のIoT化や、新規IoT製品の開発効率化を、展示やデモを通して提案します。

「IoT/M2M展 [春]」東芝メモリブースの概要

1. 開催日:

2018年5月9日(水)~11日(金)

2. 会場:

東京ビッグサイト

3. ブース番号:

A会場・西2ホール・西10-24(東芝グループブース内)

4. 主な展示内容:

(1)「FlashAir ~既存機器のIoT化~」

無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir」を使って、SDメモリカードスロットやUSBポートのある既存機器をIoT化する方法を紹介します。また、オシロスコープ/電圧計で取得したデータを、「FlashAir」を使って、Luaスクリプトでクラウドに自動アップロードし、グラフ表示するIoTシステムや、Bluetooth® low energy[注1]と無線LANの両技術を搭載したSDメモリカードの参考展示品を使ったデモも行います。
 

(2)「FlashAir ~新規IoT製品の開発効率化~」

  • 世界約80の国・地域で無線認証を取得。[注2]
  • 開発者向けの情報サイトで各種技術情報を公開。[注3]
  • ホスト機器から無線LANのON/OFF、データ転送を行うことを可能とするiSDIO機能を搭載。

など、新規IoT製品開発の効率化に「FlashAir」が貢献できる役割について展示やデモで紹介します。
 

(3)「NFC タッチ&コピー機能付きSDメモリカード」(参考展示)

スマートフォンをかざすだけでデータの読み書きを行うことができるSDメモリカードの紹介と、応用アプリケーションとして、小売業向けのクーポン配布システムや、NFC対応版学習型アルコールガジェット「TISPY」を使ったデモを行います。

東芝メモリブースの展示内容の詳細については下記サイトをご覧ください。

https://business.toshiba-memory.com/ja-jp/design-support/exhibition/iot18.html

関連サイト

「IoT/M2M展 [春]」の公式ホームページ:

http://www.m2m-expo.jp/

無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir」の製品サイト:

http://www.toshiba-personalstorage.net/product/flashair/sduwa/index_j.htm

「FlashAir」の開発者向け情報サイト「FlashAir Developers」:

https://flashair-developers.com/ja/

[注1]Bluetoothのワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、当社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
[注2]2018年5月現在。最新の状況は当社製品サイトで確認願います。
http://www.toshiba-personalstorage.net/product/flashair/sduwa/index_j.htm
[注3]「FlashAir」の開発者向け情報サイト「FlashAir Developers」
https://flashair-developers.com/ja/

*本文に掲載の製品名やサービス名は、それぞれ各社が登録商標または商標として使用している場合があります。

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容およびお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。