Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

「electronica China 2018」への出展について

2018年 3月 7日
東芝メモリ株式会社

最新の半導体・ストレージ技術とソリューションを紹介

electronica China 2018

東芝デバイス&ストレージ株式会社と東芝メモリ株式会社は、3月14日から16日まで中国・上海で開催される、エレクトロニクス業界のコンポーネント・システム・アプリケーションの総合見本市「electronica China 2018」に出展します。「Automotive」、「IoT」、「Industrial」、「Memory & Storage」の4つの分野で、「スマートな社会と新しい未来を作るコアテクノロジー」をコンセプトに最新の半導体・ストレージ技術やソリューションを紹介します。

「electronica China 2018」出展の概要

1. 開催日:

2018年3月14日(水)~16日(金)

2. 会場:

中国・上海新国際博覧中心 (Shanghai New International Expo Centre)

3. ブース番号:

Hall E4, 4200

4. 主な展示内容:

(1) 「Automotive」:車載向け製品とソリューションの展示とデモ
自動車の運転を安全面から支援するADAS[注1]ソリューションとして、複数の認識アプリケーションの同時実行を可能にする画像認識プロセッサ「Visconti™」、車載品質をサポートするフラッシュメモリ、自動車内のビデオやオーディオ情報の高速伝送に用いるEthernet-AVBブリッジICなど今後の自動車に必要な高性能な技術、実現するソリューションを中心に紹介します。

(2) 「IoT」:人とモノをつなぐ、IoTに貢献するソリューションの展示とデモ
業界トップクラス[注2]の低消費電流を誇るBluetooth® low energy対応ICを使ったIoTのアプリケーション、及び従来より高速かつ長距離伝送できるBluetooth Ver.5.0対応ICの新製品、各種センサーからのデータを処理するアプリケーションプロセッサ「ApP Lite」を応用したウェアラブル機器向けソリューション、及び音声認識・合成のソリューションを紹介します。

(3) 「Industrial」:環境に配慮した製品とソリューションの展示とデモ
高効率・高性能を求められる機器の省エネ化実現に貢献する、低損失のMOSFETやIPDを使用した高効率インバータ、急速充電、高効率サーバ電源など、電源システムを幅広くカバーするディスクリート製品のラインアップを紹介します。また、WPC Qi [注3] Low Power、Mid Power規格に準拠、ウェアラブルから産業用途まで幅広いアプリケーションへの搭載を実現するワイヤレス給電用IC、スマート家電、ドローン、電動工具向けのモータ駆動のソリューションを展示します。

(4) 「Memory & Storage」:
3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH™」、大容量エンタープライズ用SSD、14TBのデータセンタ用HDD、10TBの監視カメラシステム用HDD、無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir™」を使ったIoTのソリューションなど、デジタルデータが大量に増え続ける情報化社会に対応するメモリやストレージ製品を紹介します。

[注1]ADAS:Advanced Driving Assistance System(先進運転支援システム)

[注2]2018年3月7日現在、東芝デバイス&ストレージ株式会社調べ。

[注3]Qi (チー) : Wireless Power Consortium にて策定された無接点充電の国際規格。

*Bluetooth® は Bluetooth SIG Inc. の登録商標です。
*その他、本資料に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からのお問い合わせ先:

東芝デバイス&ストレージ株式会社
デジタルマーケティング統括部 プロモーションサポート部
Tel:03-3457-3365
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

東芝メモリ株式会社
営業企画部
Tel:03-3457-3822
https://www.toshiba-memory.co.jp/contact/index.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。