Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

バリューチェーンにおけるCSR

東芝メモリグループは、事業の形態やバリューチェーン、関係するステークホルダーに則したCSR課題・リスクをマッピング・分析し、その回避・軽減に取り組んでいます。

バリューチェーンにおけるCSR紛争鉱物問題への対応調達先のモニタリング女性活躍推進女性活躍推進四日市工場の環境負荷低減

人権の尊重:紛争鉱物問題への対応

メモリ製品の原材料となる鉱物のうち、一部の紛争地域で採掘される4鉱物をめぐり、紛争への加担や強制労働などの非人道的行為が深刻な問題になっています。
調達取引を通じてこれらの非人道的行為に加担することのないよう、東芝メモリの定める紛争鉱物対応方針に基づき、調達取引先に対して紛争鉱物の使用の有無や製錬所情報の確認調査を毎年行っています。

※ 錫、タンタル、タングステン、金

サプライチェーンCSRの推進:調達先のモニタリング

グローバル調達の加速・推進にともない、経営に大きな影響を与える潜在的なCSRリスクが増えています。このようなリスクを減らすため、また、人権・労働・環境などのCSRを推進していくために、「RBA行動規範」などのグローバル基準に基づいて調達取引先の状況を確認しています。

※ Responsible Business Alliance(責任ある企業同盟)

多様性の推進:女性活躍の推進

多様な個性を持つ従業員たちがそれぞれの力を十分に発揮することが、イノベーションを創出し、企業の持続的成長につながります。なかでも女性活躍は、日本政府の方針に合致することはもちろん、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によるESG指標の一つに選定されるなど、企業にとっても重要な課題です。東芝メモリでは、さらなる女性活躍に向けた体制づくりと、仕組み・制度の導入を目標に、女性の活躍を推進しています。

環境:四日市工場の環境負荷低減

「NAND型フラッシュメモリ」の生産拠点である四日市工場では、各種の環境負荷低減策を織り込んでいます。2014年に竣工した第五製造棟では、製造設備や動力設備の省エネルギー、クリーンルーム全面へのLED照明採用などにより、2008年竣工の第四製造棟に比べて約13%のCO2排出量削減しています。

四日市工場第五製造棟
四日市工場第五製造棟

To Top