Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

CSR責任者あいさつ

ステークホルダーの皆様から信頼される東芝メモリグループをめざします。 副社長 CSR責任者 渡辺 友治

東芝メモリグループは、スマートフォン、サーバーをはじめ、多くの電子機器に不可欠な半導体メモリを供給することで、世界中の人々の暮らしに利便性をもたらすとともに、産業や社会の発展に貢献しています。今後、技術改革による産業構造の変化、成長にともなって、最先端技術や製品の提供で持続可能な社会の発展に貢献していきます。

一方で、私たちのビジネスは日々グローバル化が進み、パリ協定で合意された温室効果ガス排出量削減への貢献や、国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)への参画など、企業に対する社会からの期待や要請が確実に高まりつつあります。それらに応えるべく、私たちは法令や社会規範を遵守することはもちろん、事業を通じて社会課題の解決に貢献できるよう努めます。

2017年度は、私たちが事業を営むうえで特に重要なCSR課題として、「人権の尊重」「多様性の推進」「サプライチェーンCSRの推進」「環境」を選定しました。2018年度は、東芝メモリグループ一丸となって、これらの活動を深化させていきます。

今後もステークホルダーの皆様に信頼される東芝メモリグループをめざし、真摯にCSR活動に取り組むことで着実に歩みを進めていきます。

東芝メモリ株式会社
副社長 CSR責任者
渡辺 友治

To Top