Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

CSRマネジメント

東芝メモリグループは、経営理念に定める「新しい製品・サーヒスを通じて人々のくらしを豊かにし、社会の可能性を広げていく」ことをめざしてCSR経営を推進しています。また活動にあたっては、お客様、調達取引先、従業員およびその家族など、企業を取り巻くさまざまなステークホルダーとの対話や協働を通じて、課題の理解に努めるとともに、信頼関係を構築していきます。

CSRの定義

東芝メモリグループでは、すべての役員および従業員が共通した認識のもとで活動できるよう、CSRの定義を定めています。

東芝メモリグループのCSR

社会の一員としての責任を果たしながら、

事業を通じて人々の暮らしを豊かにし、

末永く社会とともに発展しつづけること。

CSR推進体制

経営と一体化したCSRマネジメントを推進するために、東芝メモリグループでは2017年10月に東芝メモリの経営企画部内にCSR担当を設置しました。翌11月、CSRに関係の深い部門にCSR責任者およびCSR推進者を任命。それらメンバーで構成するCSR推進委員会を月次開催し、CSR関連の施策やその推進方法を審議・決定しています。委員会での決定事項はCSR担当役員を通じて取締役会に上申するほか、各拠点・グループ全社に伝達し施策の浸透を図っています。

東芝メモリグループのCSR推進体制

CSR推進体制図

To Top