Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

公正な評価・人材育成

東芝メモリグループでは多様な従業員がそれぞれの能力を発揮して活躍できるよう、公正な人事諸制度を構築するとともに、人材の育成・活用に力を注いでいます。

公正な評価・人材育成の基本方針

東芝メモリグループが、グローバル競争を生き抜くためには、創造力とバイタリティーにあふれる人材が不可欠です。教育体系の強化を図るとともに、従業員一人ひとりがその能力を活用・発揮するための支援をしていきます。

人材育成のための教育体系

研修制度

東芝メモリグループでは、従業員が共通して持つべきベースを確立するための教育制度と、個々のニーズとキャリア特性に応じて対応できるプログラムを用意しています。

主な教育区分

教育の区分 概要
基礎教育 働く上で共通ベースである行動や価値観を身に付けるために、コンプライアンスやリベラルアーツ※について学びます。
※ リベラルアーツとは、教養(深く考えるための技術・知識)のこと
グローバル教育 「グローバル人材(=自国/地域の業務のみだけでなく、グローバルなステークホルダーとの直接的なコミュニケーションを取り、異文化を受容しながら業務を遂行できる人材)」を育成するための教育です。
節目研修 新たな役割(リーダー・管理職など)に任命された時に必要となる基本知識・スキル、マネジメント力の向上を図るための研修です。また、継続的に管理職に必要なマネジメント力の向上を図る研修や、グローバルビジネスで必要な知識・スキルの早期習得を目的とした教育も含みます。
職種別教育
(部門別教育)
職種・部門別にそれぞれの従業員のキャリア段階に応じて、必要な知識・スキルの習得を目的として実施する教育です。
経営人材教育 経営幹部候補者・将来のリーダー候補者を育成する選抜型の教育です。経営幹部層に対しても実施しています。

キャリア形成を支援する制度

東芝メモリグループは、従業員一人ひとりを活用・育成する観点に立ってキャリア形成を支援しています。 年に一度、従業員が上長と長期的なキャリア形成の方向性を話し合い、中期的に到達すべき能力基準や育成・活用方法を共有化する「キャリアデザイン制度」、半年ごとに今後半年間の業務内容と過去半年間の業務成果について上長と確認する「パフォーマンスマネジメント制度」などを導入しています。

従業員意識調査

東芝メモリグループでは、従業員の声を聞く仕組みとして「従業員意識調査(TEAMサーベイ)」を実施し、各種施策に対する従業員の理解度や組織への浸透度を定期的にモニタリングし、見えてきた課題について改善に努め、組織風土の改善に役立てています。
2017年度は、約8,741人を対象に無記名調査を実施し、94%の従業員から回答を得ました。

従業員意識調査実施サイクル(年間)

従業員意識調査実施サイクル(年間)

To Top