Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

環境負荷の状況、環境目標・実績

環境負荷の状況

東芝メモリ株式会社の製造時の環境負荷(マテリアルバランス)は下表の通りです。製造拠点(四日市工場)での環境負荷の詳細、負荷低減の活動については、「 四日市工場環境報告書2018 (PDF:7,709KB)」をご覧ください。

投入

東芝メモリ株式会社の製造時の環境負荷:投入
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
化学物質 t 41,924 39,141 40,276 43,407 44,974
市水 千m3 27 31 41 42 60
工業用水 千m3 11,998 12,590 13,712 14,370 16,879

※削減対象物質 (t:ton)

排出

東芝メモリ株式会社の製造時の環境負荷:投入
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
温室効果ガス 千t-CO2 901 994 1,241 1,404 1,726
化学物質 t 395 497 623 689 701
廃棄物 t 57,659 56,721 57,612 63,289 70,075
排水量 千m3 10,017 10,767 11,403 12,554 13,590
NOx t 15.3 17.2 17.2 19.8 21.5
SOx t 0 0 0 0 0

※削減対象物質 (t:ton)

事業活動のCO2排出量

東芝メモリ株式会社の事業活動における2017年度の温室効果ガス(CO2換算)排出量は下表のとおりです。

(ハイフン部は対象外、製品使用時排出は未算出)

2017年度CO2排出量(t-CO2) 算定枠組み
SCOPE1 343,000 事業者自らによる温室効果ガス排出量
SCOPE2 1,393,000 他者から供給された電気・ガス等の使用に伴う間接排出量
SCOPE3
(自社のサプライチェーンでの排出
(SCOPE1と2以外))
カテゴリー区分
1 購入した製品・サービス 2,736,900 原材料、部品、容器などが製造されるまでの活動に伴う排出
2 資本財 1,138,000 自社の資本財の建設・製造に伴う排出
3 スコープ1,2に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 105,000 調達燃料・電力の上流工程に伴う排出
4 輸送・配送(上流) 200 国内の製品物流、生産に係る物流の排出合計(サプライヤーから自社への物流や、海外での製品物流等は除く)
5 事業活動から出る廃棄物 5,100 自社で発生した廃棄物の処理に係る排出
6 出張 3,700 従業員の出張に伴う排出
7 雇用者の通勤 15,000 従業員が通勤する際の移動に伴う排出
8 リース資産(上流)
9 輸送・配送(下流)
10 販売した製品の加工
11 販売した製品の使用
12 販売した製品の廃棄
13 リース資産(下流)
14 フランチャイズ
15 投資
SCOPE3 (Total) 4,003,900

目標と実績

東芝メモリ株式会社は、持続可能な社会の実現に貢献すべく環境目標を策定し環境活動に取組んでいます。下表は東芝メモリ株式会社の2017年度の環境目的目標の計画達成状況と、2018年度計画になります。2017年度は廃棄物以外の9項目で計画を達成しましたが、廃棄物関係2項目が生産量増加等に伴う薬液使用量や排水処理汚泥の増加により未達成でした。

2018年度からの数値目標(エネルギー起源CO2排出量削減以外)は、記憶容量の生産高を表すGB(ギガバイト)の原単位で環境負荷の削減を進めていきます。引き続き、事業計画の拡張(製造ライン拡張)に伴い、環境負荷が前年比で増えることを予想していますが、組織横断的で先駆的な負荷低減の施策を推進します。

2015年度の東芝ストレージ&デバイスソリューション社の環境負荷
環境目的・目標 2017年度計画 2017年度実績 2017年度
達成状況
2018年度計画
社会の環境負荷低減に貢献する製品提供 微細化による製品と製造プロセスの環境負荷低減 3施策/年以上 3施策 3施策/年以上
地球温暖化防止の推進 エネルギー起源CO2排出量削減 9,636 t-CO2以上 12,096 t-CO2 18,501 t-CO2以上
PFC排出量 411 千t-CO2以下 343 千t-CO2 439 t-CO2/億GB 年以下
資源の有効利用推進 廃棄物量 41.8 千t以下 41.9 千t × 49.1 t/億GB 年以下
廃棄物総排出量
(有価物含む)
67.8 千t以下 70.1 千t × 89.2 t/億GB 年以下
水受入量 18,090 千m3以下 16,648 千m3 19.9 千m3/億GB 年以下
環境リスク低減 化学物質排出量 922 t以下 687 t 0.595 t/億GB 年以下
生物多様性保全 生物多様性保全 指標種の定期的測定 指標種定期測定 指標種の定期的測定
環境コミュニケーション推進 社会コミュニケーション チャリティーエコバザー、資源物回収/寄付など チャリティーエコバザー、資源物回収/寄付など実施 チャリティーエコバザー、資源物回収/寄付など
地域コミュニケーション サイト地域コミュニ ケーション サイトコミュニケーション実施(地元自治会との協議など) サイト地域コミュニケーション
環境意識向上 環境意識の向上 意識向上施策 意識向上施策(環境月間行事など)実施 意識向上施策

(t:ton、GB:ギガバイト)

To Top