Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

環境保全の体制と仕組み

監視体制

東芝メモリの製造事業場では、操業に伴う大気や河川への影響を最小限に抑えるため、法規制よりも厳しい自主管理基準を設けて24時間監視しています。

法規制の対象である窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、全窒素(T-N)、全リン(T- P)、化学的酸素要求量(COD)、浮遊物質量(SS)、フッ素(F)、水素イオン指数(pH)については24時間連続自動監視をしています。法規制対象外の項目についても、管理強化のためサンプリングによる自主管理を行っています。

また、四日市工場では、工場内に分析センターを設置して、年間約27,500件のサンプルを分析しています。

排水の自主管理

法令・条例・協定値を確実に遵守するため、項目ごとに自主管理値を設定して日常管理しています。

例)排水中のCOD濃度管理値(東芝メモリ四日市工場)

排水中のCOD濃度管理値(東芝メモリ四日市工場)

環境施設における汚染防止

排水処理施設などの環境施設において東芝メモリのガイドライン「環境構造物指針」を定め、化学物質による汚染の未然防止・リスク低減を図っています。

構造物の汚染防止策

構造物の汚染防止策

環境保全体制

環境保全活動を継続的かつ効果的に推進するため、東芝メモリの製造事業場では工場長をトップとする環境保全体制を構築しています。責任および権限を明確に定めるとともに、環境保全に関する最高審議機関として地球環境会議を設置して、環境マネジメントシステム、環境方針、環境目的、実施計画を審議しています。また、法令などの遵守を監督するコンプライアンス実行委員会を設置し、遵法の徹底を図っています。

環境保全体制

環境保全体制

東芝総合環境監査

東芝グループでは、1993年から独自に構築した東芝総合環境監査システムに基づき、東芝グループの事業場を対象とした監査を定期的に実施しています。

この監査は、「三全主義(全域の、全設備施設を、全員で管理)」「三現主義(現場、現物、現実)」「目視管理(見る、見える、見せる管理)」を基本理念に、社内の有資格者で構成された監査チームにより、2日間にわたり行われます。

監査項目は、環境経営監査、遵法監査、現場監査からなり、法の適用を受ける排水処理施設など19施設の現場管理に関する監査、緊急事態を想定した対応訓練の有効性に関する監査、法令遵守や法規制物質の計測管理に関する監査、 4S(整理、整頓、清掃、清潔)への取り組みに関する監査、従業員教育の実施状況に関する監査などです。

東芝メモリの製造事業場でも、「東芝総合環境監査」を毎年実施しています。監査は現場管理を中心に省エネルギー、化学物質排出量削減、廃棄物削減などの環境目標の達成状況についても行われます。

東芝総合環境監査システムの体系

東芝総合環境監査システムの体系

To Top